FC2ブログ

樹幹空洞調査精密機器「レジストグラフ」の使い方を学びに!

 2020-12-14
今日は日本樹木医会宮城県支部の河岸クロマツ並木の調査のお手伝いに来ました。
名取川河岸にあるクロマツ並木38本の現状調査です。
このマツは10年前の東日本大震災を生き残った精鋭のマツになります。
昨年、突然何の前触れもなく、この並木の1本が倒れてことにより、今回緊急で実施される調査です。

18名の樹木医により行われ、
4つの班に分かれての調査になりました。
1.地上部の衰退度診断
2.各種被害調査(病虫害)
3.倒木・枝折れ等危険度診断
4。精密診断レジストグラフ

クロマツ並木調査2 クロマツ並木調査

私の担当は、もう1人と一緒に、3.倒木・枝折れ等危険度診断でした。
これは外観でどんどんと判定をできるため、半日で38本を全てサッサと済ませ、4の精密診断に合流しました。
もともと支部長にレジストグラフの使い方を勉強したいと言ってあったので、簡単に終わるチームに回ったのかと思います。

クロマツ並木調査レジストグラフ クロマツ並木調査レジストグラフ2

レジストグラフの使い方を見せてもらい、質問し、調査データのグラフ化の手法も教えてもらい、
実際にレジストグラフを使って、10本弱のクロマツの診断をしました。
また、調査中に針を3回交換したため、その交換方法も勉強できました。
良かったです。これでOK!

あとは、データのパソコンへの取入れ方についてだけですが、
これについて、癖があるという方が多いのですが、
今日の宮城県支部の支部長に訊くと、「いや、特に問題はないと思うけど・・・」と。

何はともあれ、有意義は1日でした。

来年1月には、また別の樹幹空洞調査用精密機器「アーボソニック」の使い方について勉強する機会があるので、
これで、樹幹空洞調査については、いつでも対応できそうです。
よかったよかった。


コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
https://cya06337.blog.fc2.com/tb.php/2170-9c32e254
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫